自己破産を申し立てるためには条件がある

自己破産を申し立てるためには条件がある

MENU

自己破産を申し立てるためには条件がある

借金をなくすことができるからといって誰でもすぐに自己破産を申し立てることができるわけではありません。
自己破産を申し立てる条件は、支払い能力がないことが支払い不能状態であるということです。どういった場合が支払い不能状態なのかというと、自己判断で支払いができないと決めるのではなく、自己破産を申し立てた人の借金の額と収入の関係を調査して裁判所がこれは普通に考えてもう返済することは無理だろうと判断した状況のことを言います。
例えば借金の額が1000万あるのに収入が10万くらいしかないといった感じで場合はどう考えても返済をすることはできないでしょう。借金と収入に関しては細かい計算方法などがありますが、そのままの状態が続いた場合に借金が減る可能性がないことや逆に増えていくことが予想できる時などには条件を満たしているといえます。
ただしこれらの条件を満たしていてもギャンブルや買い物などで浪費して負債を増やした場合などは免責を受けられない場合がありますし、過去7年間の間に自己破産をしたことがある場合は再び自己破産をすることはできません。
自己破産の条件はあくまでも多重債務などでどうしても返済能力がなくなってしまった人を救済するための制度なのです。
債務整理の方法は自己破産だけでなく個人再生や任意整理などの方法もあります。自分の状態を冷静に判断するためにも無料の法律相談などを利用したりして借金を減らす方法を考えましょう。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法