自己破産の時効とは?

自己破産の時効とは?

MENU

自己破産の時効とは?

借金で苦しんでいる人を救う救済措置の1つが自己破産です。自己破産をすることによってそれまでの借金は全て免除されますので、生活の建て直しをするにはもっともしやすい方法といえます。しかし実は借金には時効があるのだということをご存知でしょうか。貸金業者から借りたお金の時効は5年、友人などから借りたお金は10年で時効となります。しかしこれを成立させるには内容証明郵便で時効の援用通知書を業者に送る必要があります。単に5年や10年経過したというだけでは借金の支払義務はなくなりませんから注意しておきましょう。

また自己破産をすると近所や職場にバレてしまうということはまずないと考えておいて良いですが、本籍地の市区町村役場の破産者名簿には記載されますし、手続開始決定後には官報にも名前が掲載されます。しかし官報自体、読むという一般の方は非常に稀なのでそこからバレてしまうという心配もあまりありません。ただし自己破産をすると1つ問題があります。それは信用情報機関にもその記録が残されますので、自己破産をしてから最低でも5年間は新たな融資を受けることができなくなるということです。キャッシングにしても住宅ローンにしても信用情報機関は必ずチェックされますのでこれを避けて通ることはできません。しかしもちろん5年以上たって記録が削除されてしまえば新たな融資を受けることが可能になりますので問題ありません。問題はありませんが、せっかく借金に関する苦悩が取り除かれたのですから同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法