二回目の自己破産は可能か

二回目の自己破産は可能か

MENU

二回目の自己破産は可能か

借金の返済が不能になってしまったときの有効な債務整理の1つに自己破産があります。イメージはあまり良くないかもしれませんが、自己破産をすることによって借金がゼロになり、新たに再出発することができます。ところで、新たに再出発をすることができたのは良いのですが、再び借金を返済できないような事態に陥ってしまった場合、二回目の自己破産は可能なのでしょうか。結論から言うと、二回目あるいは三回目も可能です。ただし、条件があります。

まず、一回目の自己破産から7年以上が経過していなければなりません。実際には、ブラックリストから名前が消えるまで10年くらいかかりますから、最低10年間は金融機関からお金を借りることは難しいかもしれません。しかし、その期間を過ぎれば、二回目の自己破産を申請することができるようになります。ただ、申請すれば必ず自己破産ができるということではありません。ハードルは一回目よりも二回目のほうが確実に高くなります。

たとえば、一回目の自己破産のあと、再び消費者金融から借金をし、返済不能に陥った場合、前回のことから何も学んでいない、反省していないと裁判所で判断される可能性があり、その場合免責許可が認められないということがあるのです。つまり、余程の正当性のある理由がないと、二回目の申請は難しくなるということです。同じ過ちを繰り返してはならないということです。この点はしっかりと覚えておく必要があります。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法